« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

どうなんでしょう

ずっとにゃん太郎先生のお話でした。

その後のにゃん太郎先生は、変わりなく過ごしています。

で、

そろそろ、わんこ達のお話です。

 

 

姉妹犬のビーちんとベスっち。

ついこの間までは、べったり、ひっつきもっつき。

離れると、「ヒィーヒィー」言ってました。

びびりんビーちんとやさしいベスっち。

ガゥガゥしてても、なかよしこよしでした。

なのに・・・

 

最近の2匹は違っています。

やたらと、ビーちんがベスっちの背中に手をかけて、

「ウ”ゥー」と唸ります。

ガゥガゥも半端じゃなくなりました。

途中で止めに入らないと、怪我をしそうな勢いです。

 

姉妹の間で、何かあったんでしょうね。

競技会での成績が良くなるにつれ、

ビーちんの態度がでかくなった気がします。

自信ってやつができたのかな。

まさかねぇ、人間じゃあるまいし。。。(でもわからんぞ)

 

それでも、ベスっちはビーちんの顔をナメナメ。

2匹並んで寝ています。

ちょっとした、ハードな姉妹喧嘩ってとこなのかも。

| | コメント (0)

復活の兆しかな

にゃん太郎先生、食べ物を口にするようになって、

少しずつですが、復活してきたような気がします。

立ったり、座ったりが難しかったのに、

気がつけば、一人で水を飲んでます。

「すごい」の一言です。

がんばってます。

 

 

でもね、時々鼻血が出ています。

きっと、どこかの血管が切れているのでしょうね。

 

桜が咲き始め、春の暖かい日差しになりました。

だから、もう少しだけ、がんばってくれそうです。

| | コメント (0)

食べたよ

その後のにゃん太郎先生。

買ってきたマグロとトリささみを食べてます。

ただし、口の中まで運んでやらないと、食べられません。

それでも食べてくれています。

 

頭の傾斜がひどくなり、下に着きそうです。

立ったり、座ったりもなかなかできません。

でも、手伝わずに、できるだけ自力でさせています。

これも、老猫介護のやり方です。(って思ってます)

 

シッコはちゃんとできますが、○んち君は後ろ脚の踏ん張りがきかないので、どうしても寝たままの体制になってしまいます。

だから、○んち君の後は、にゃん太郎先生のお洗濯です。

大きめの洗面台にお湯をはり、つけてやります。

暖かいので気持ちがいいのでしょう。

いたっておとなしく、お風呂気分です。

 

一度に寝る時間が少なくなり、寝ては起きて鳴き叫ぶの繰り返し。

何かあってはいけないので、目が離せません。

少々、睡眠不足です。。。

それでも、にゃん太郎先生ががんばってるんですから、

きっちりお付き合いします。

 

 

でも・・・ 

そろそろ、爆睡したい気分です。

| | コメント (0)

もう少しだけ

我が家のご長老猫、にゃん太郎先生。

2日ほど前から、急に様態が悪くなりました。

一人では、水もごはんも口にできないのです。

サークルの中を、ただひたすらぐるぐるまわっています。 

 

去年の春頃から、目は見えなくなっていました。

それでも、耳と鼻だけは使えていたので、音にも反応していたし、

臭いをたよりに、ごはんも一人で食べていました。

とうとう、それができなくなったのです。

しばらくおきていなかった発作ですが、

気づかないうちに、小さな発作を起こしていたようです。

頭部腫瘍のため、頭が右に傾いていたのですが、

その傾斜がきつくなってしまいました。

鼻血を出したあともありました。

にゃん太郎先生の様態が悪くなってからは、

できるだけ、一緒にいるようにしていました。

それでも、離れないわけにはいかないのですよね。

買い物や、犬の散歩もありますから。

そんな、ちょっと目を離したスキの出来事だったようです。

 

歩き回る足下も、力が入らずにふらついています。

自力では、横になるのも、立ち上がるのも、なかなかできません。

サークルにも激突しながら、歩くようになってしまいました。

まだ、鳴き声はあげる事ができるので、

何かを要求しているのでしょう。

その何かが、ちゃんとわかってあげられたら・・・

 

 

我が家の一員になって、21年とちょっと。

一緒に居ることが当たり前になっていました。

居なくなることなんて、考えていませんでした。

アイにんだって、ビーちんとベスっちだって、

生まれた時からずっと一緒で、

庭でひなたぼっこをし、追いかけっこで遊び、

並んでご飯を食べ、抱っこで寝ていたんですから。

 

度々の起きていた発作も、この数ヶ月はなかったんです。

このまま、がんばってくれると思っていたのです。

でもね、にゃん太郎先生の姿を見ていると

「もう 無理してがんばらなくてもいいよ」って、思うんです。

 

それでも、にゃん太郎先生はがんばっています。

だから、飼い主も最後までお付き合いすると決めています。

 

あとで大好物のマグロのお刺身を買ってきましょうね。

| | コメント (0)

お願い

15日のブログでも、紹介しました。

鹿児島のブリーダー崩壊。

GSRNでは、シェパの一時預かり宅を探しています。

短いリードにつながれ、屋外で雨に濡れています。

食事も、ボランティアの方が運ぶ、週に一度だけのようです。

どうか、お近くの方、ぜひご協力をお願いします。

詳しくは、こちら。

  http://kumachan4649.blog34.fc2.com/

  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16191659&comm_id=1613237

| | コメント (0)

許せないこと

自分の中で、どうしても「許せないこと」があります。

脳天気で、おっちょこちょいで、意外と頑固ですが、

たいていは、相手にもそれなりに理由のある事だと理解します。

許せるように、心がけています。

 

でも、ひとつだけ・・・

約束を破る行為だけは、許せないんです。

「約束」という言葉の中には、たくさんの事が含まれます。

時間、ルール、マナー。。。。。

 

人間同士、信頼関係を成り立たせるためには必要なことですね。

でも、犬にだって同じ事がいえると思うのです。

犬を飼いだした時、約束しますよね。

「君を一生、大切にするよ」って。

「一緒に生きていこうね」って。

でも、人はその約束を簡単にやぶってしまう。

相手が人なら、言葉で説明して、謝ることもできるでしょう。

それでも、許してもらえない事ってありますよね。

だけど、相手が動物だったら、犬だったら、

ごめんねの一言で済みますか?

 

命あるものを、簡単に放棄して

「ごめん」で済ますしてしまうんですか?

 

| | コメント (2)

心配

シェパレスキューで、鹿児島一頭、茨城6頭(内3頭は凶暴性がみられるということで、訓練士にも引き出すことができず、すでに殺処分された)の虐待犬とセンターへの持ち込み犬がありました。

鹿児島へも、茨城へも、ビーちんとベスっちの兄姉犬がいるんです。

「まさか!」

一瞬、頭をよぎります。

 

子犬を出すときの譲渡先には、自信を持っています。

何度も連絡を取り、手渡しを基本としています。

そうでなければ、譲渡したりしません。

それでも1頭だけ、訓練所経由で茨城に出した子がいるのです。

どうしているのでしょう。

他の子達は、譲渡先から、不定期ですが連絡があるので

様子がわかります。

心配です。

でも、シェパには耳番号が入っていますから、

何かあれば協会からの連絡があるはずなんですけど。

 

こんな調子ですから、繁殖していても

手放せないんですよね。

 

| | コメント (0)

お散歩は欠かさずに!

以前は、一日2時間以上、二回に分けてお散歩してた。

4匹の時も、3匹になってからも。

欠かすことなく、夕方のお散歩が日課でした。

でも、この半年近くは、運動させる以外は一緒に散歩をしてなかった。

数日前の晩、アイにんの後ろ足が、フラフラだった。

病気が進行してきたのかもしれない。

毎日のお散歩を、怠けていたせいなのかもしれない。

ごめん。

アイにんの足のためにも

自分の健康のためにも

ちゃんと毎日のお散歩はしなくちゃね。

 

 

 

 

なぜ? どうして? 悲しい、情けない。

いつになったら、なくなるんでしょう。

犬達に罪はありません。 みんな「人」がやったこと。

どうか現実だけでも知ってください。 

 

***********************

鹿児島県でシエパの一時預かり又は里親として公募予定ですが、引き受けてもらえる方を探しています。もし、引き受けても良いとおもわれる方がお見えでしたら 連絡いただけると嬉しいです。詳細は、こちらのレスキュー活動者からの依頼ですが、応募が有り次第、コンタクトを取ります。どうぞ、よろしくお願いします。

http://kumachan4649.blog34.fc2.com/

**********************

茨城の持ち込み放棄犬について

センターに持ち込まれたシェパ6頭のうち、3頭は残念ながら凶暴性が見られ、職員の手に負えない事から、一般人での里親公募は危険である、訓練士の引き取り要請も拒否、夕刻に処分されたようです。幸い、残り3頭は引き出しを認められつつあり、金曜日に引き出します。レスキューシステム支援者で、茨城在住のみなさんで、なんとかレスキュー運用する運びとなりました。引き出し後、検診、治療をし、心身面の回復次第で里親公募予定です。現在、受け入れの準備中ですが、今回は集中した受け入れ先を確保の予定です。このため、ケージ大型の中古、ドッグフード、訓練所一時預かり予定も検討、加えて頭数も多く、自費でのレスキューは困難。みなさまの支援を集う予定です。

GSRNより

******************

| | コメント (0)

あきらめて

朝一番、アイにんをお洗濯。

だってねぇ・・・

どうせ毛が飛び交っている状態ですから

少々、増えたところで気になりません。 

部屋の中の温度をあげて、自然乾燥にまかせました。

ドライヤーまでかける、元気はありませんから。

 

 

午後になって、悩んだあげく

チビ達も洗いました。

もちろん、自然乾燥。

真冬じゃないから、風邪はひかんでしょ。

これで、数日間は抜け毛倍増・・・ (泣)

いいんです。 

掃除のし甲斐があるってもんです。 ハイ

 

 

 

ちょっとだけ、期待はしてみましが、

所詮、無理な話しで・・・

ってね、我が家では、何もなかったって事で。

お知り合いさんでは、花だのエプロンだの

外食だのって、ちゃーんとあるみたいですが。

いいんだぁ、一人でイジケマショ。

アイにんだって、ビーちんだって、ベスっちだって

なーんもなかったんだから、おんなじです。

?????

いや、違うぞ!

3匹は、訓練士さんにおやつをもらってた・・・・

| | コメント (0)

不公平かも・・・

抜け毛・・・・

こりゃ、お洗濯が必要ですね。

でも、洗った後の方が大変なんですよ。

モコモコ、フワフワ。。。

うぅっ、今日は辞めておきます。

 

明日は、ホワイトデーです。

バレンタインデーほど、騒がれませんが

みんなそれなりに期待してますよね。

そりゃぁ、もちろん、倍返し! 笑

勤めを辞めてからは、義理チョコはないし

誰かに会う予定がない限り、気を遣わずに済むから楽ちんです。

今年は、あまりのバタバタ状態で

訓練士さん達にもあげてない・・・・ ゴメンチャイ

義理でもらった方だって、大変なんだろうなぁ。。。。

 

 

 

| | コメント (0)

季節の変わり目

やってきました、この季節。

そうです。

抜け毛シーズン到来!

暖冬のせいで、チマチマ抜けてはいましたけど。

本格的な抜け毛がはじまったのです。

それも、珍しいことに、3匹一緒・・・

これって、恐ろしい事なんです。

想像してください。

掃除機をかけた端から、大量の抜け毛が舞っているのです。

もうね、純毛カーペットを通り越して

ひつじ小屋に寝ているようで・・・

ある意味ぜいたくかも? ってそれはありません。

 

ブラシをかけていても、どこまで抜けるのか

いつが終わりなのか、まったくわかりません。

そろそろ、お洗濯の時期ではあります。

でもね、お洗濯した後が、また恐ろしいのです。

浮き上がった毛が・・・

 

 

確実に年2~3回はやってくるシーズン。

今回はまだ、3匹同時だからましですか。

あきらめて、純毛カーペットで我慢します。

 

 

 

 

そうそう、昨日書いたスタバー体験。

お願いしていたのですが、どうやらもっとすごいことになりそうです。

なんと!

もしかして!

この歳で、クラブなるものを体験する羽目になるかも。

できることなら、刺激は順をおってお願いします。

| | コメント (4)

初体験・・・

夕べの晩のことです。

だいぶ長いこと生きてきた人生のなかで、一人では絶対にあり得なかった体験をさせてもらいました。

な~んて言うと、「えっ?どんな体験なんだ?」って、ふつーの人は思うよね。

それはそこ、私ってふつーじゃないから・・・

行ったのです。 はじめて、入ったの。

何とかっていうコーヒー屋さん。。。

あっ、記念にカップをお持ち帰りしてたんだ。

えっと・・・

「TULLY'S COFFEE」。

もちろん、充分に広島は田舎ですが、一応は。。。えっとぉ、スタバー?ってのもあります。

それに、2年前までは広島の中心街に勤めていたから、お店の前は何度も通ってます。でも、入ったことも、飲んだこともありません。通勤はバイクだったし、お出かけは犬連れだから、お店でコーヒーなんてねぇ。自販機で缶コーヒーがいいとで。

もちろん、ドッグカフェには行きますよ。犬OKってか、犬メインですから。(笑)

コーヒーは好きです。

一日中、起きてから寝るまで飲んでます♪

でも、待ち合わせとかでしか入りません。というか、店の前で待ちますけど。

それに、一人でお店に入るって事がどうも・・・

こう見えても(ってどんなんだぁー?)、軟弱ものなんです。

決して、田舎ものだからではありません。(だって、生まれも育ちも、東京人ですから)

モカってのを飲んでみました。 意外とおいしい・・・

3人で話が弾み、おかわりってことになって、これまた試練が課せられました。

「一人で、行ってきなさい!」

もうね、ほんとうにね、涙もんです。

それでもなんとか、無事におかわり二人分の注文し、「一人でできるもん」を実行できました。

次は絶対にスタバーです。

 

一緒に行ってくれた、ナナパパさんとtomoちゃん、

次はどーか、「私をスタバーに連れてって」ください。

| | コメント (0)

すべての始まり

午後1時から、ひろしまドッグぱーく跡地で、慰霊式が行われました。

山陽工営や大前コーポレーションの方々と、30名以上の元ボラさんが参列しました。

お坊さんのお経が始まると、雨が降り出しました。 大前社長さんが「わんこたちの涙雨だ・・・」と、挨拶された時には、思わず涙があふれてしまいました。

いろんな思いが蘇り、お焼香では「君たちの思いは無駄にしません」と約束してきました。

これで、ひろしまドッグぱーくは終わります。

でも、本当の始まりはこれからです。

 

なんだか、ものすごーく大変な事をやり始めたんだなぁって思います。

| | コメント (0)

慰霊式

庭では、桜も菜の花も咲いています。

なのに・・・ 外は雪です。

今年は暖冬だから、積もることはないけれど。

やっぱり、寒いことには変わりありませんね。

 

 

こんな暖冬だったら、犬たちもそのまま、ぱーくで

3月まで過ごす事ができたでしょう。

そしたら、こんなに大きな問題にはならなかったはずです。

 

3月10日(土) 午後1時から

ひろしまドッグぱーく跡地で、慰霊式が行われます。

もちろん、山陽工営さんや大前さんの善意からです。

犬たちが眠っている跡地を、そのままにしてはおけなかったのでしょうね。

できるだけ、たくさんの方に来ていただきたいと言われていました。

 

DANPのメンバーも参列します。

代表のナナパパさんも、遠く四国から

流星号に乗って駆けつける予定です。

彼にとっても、もちろん私たちDANPのメンバーにとっても、

ひろしまドッグぱーくは始まるきっかけを作ってくれた場所ですから。

 

撤退後、門を閉められた時、

これで 「おわった」 と思いました。

でも、それは 「はじまり」 だったんですね。

これからは 「はじまり」 を大切に、

少しずつでいいから、後ろを振り返らないで

前へ進んでいけたらいいなって思います。

 

  

| | コメント (2)

しつけ教室

我が家の娘たち、しつけ教室なるものに参加したことがありません。

しつけ・・・ これって基本は家庭ですること、という認識がありましたから。

飼い主の頭の中は、犬が犬なので、当然 「訓練 でしょう!」 と思っていました。

幸か不幸か、それなりの成績&実績を修めちゃってるもんだから、訓練を辞めるわけにはいかない状況なんですけど・・・ (やっぱり飼い主にとっては不幸かも)

昨日、ちょっとした機会があって「しつけ教室」に参加しました。

というより、見学のつもりがアイにん同伴だったため、飛び入り参加させてもらいました。

7回コースの最終回ということで、ゲームやダンスを通して、飼い主と犬との一体感を味わう。なんてことをしてきました。

ちびっこ犬たちばかりで、アイにんとしては少々、戸惑い気味ではありましたが、そこは それ、お年寄りさんですから。吠えることもなく、なんでだか 「おとなしいね」 と言われ(ホントかよ?)、ご褒美までいただいてしましました。(まったくね、外面良すぎ)

「しつけ」 と言っても、いろんな方法があるし、もちろん犬種や個性でも違うし、飼い主の方向性でも変わってきますね。 どの方法がいいのか、どの方向性をめざすのか、それは犬の犬生に関わることです。飼い主のきちんとした意識が必要ですよね。

 

 

余談ですが・・・ ご存知無い方がほとんどだと思うので・・・・

嘱託警察犬ってね、一般家庭で飼われている犬が試験を受けて、任命されるんです。出動依頼や警察犬だけの競技会(協会主催の競技会はたくさんありますが)ってのに出場するだけなんですが。。。 通常は家庭犬なんです。

だから、食費も治療費も、もちろん訓練代も飼い主持ちです。でも、嘱託になると、訓練を辞める事ができない・・・。

犬友さんたちは、「警察犬なんだから、警察もちでしょう?」と言われます。違います。実費です。飼い主負担です。

ただ、嫁入りの際の釣書(血統書ね)には、かなり有効だし、成績次第で需要が違ってくるんです。馬と同じで、血統と実績の世界ですから。

| | コメント (0)

風化させません

ずっと、「ひろしまドッグぱーく」でボランティアをしていました。純粋に犬の幸せを願い、その手伝いをしたかっただけでした。

ご存知の通り、いろいろな問題が起こり、それは今も解明されていません。支援金や支援物資の使い方、犬の総数や行方、恐喝事件に収支報告。何ひとつ明らかにされていません。このような愛護団体と称するに過ぎない名ばかりの団体に、ボランティアとして参加していたことを恥ずかしく思っています。

だからこそ、このままで終わらせてはいけない。ひろしまドッグぱーく問題を風化させてはいけないのです。何も知らずに、関わってしまった責任を感じています。知らないことこそが、問題でした。そして、このような団体が存在するのは、レスキューをしなければならない状態をつくってしまう事こそが一番の要因であると強く感じました。

ある意味、良い勉強をさせてもらいました。自分が何をしたいのか、ということをわからせてくれたのですから。

これからは、幸せな犬が少しでも増えるように、素敵なパートナーと共に暮らせるように、小さな力でも地道に進んで行きたいと思います。

「DANP」・・・ 長い道のりです。

だからこそ、やらなければいけないことだと信じています。

| | コメント (0)

いろんな思い

「ひとりじゃないよ」 って言ってくれた人がいます

ずっと みてるから

ちゃんと ついているから

さびしいときも  かなしいときも

つらいときも   くじけそうなときも

そして

がんばっているときも

 

手をつないでいるからって

前を向いて

一緒に進んでいけばいいって

 

 

恋人? 友達? 仲間? 

だれに言われても

あついものがこみあげてきます

すてきな人に出会えた

こころから伝えたい

「ありがとう」

| | コメント (2)

できることから

広島から・・・

この思いがずっとありました

何度も挫折し くじけそうになり

それでも思いを諦めることができずに

たくさんの人に助けられて

ここまできました

 

動物愛護団体

「Dog Aid Network PROJECT」 (DANP)

2007年3月2日 設立しました

 

 

「動物保護施設に犬を持ち込ませない、捨て犬を作らせない」

を念頭におき活動していきます

 

これからです

まだ 始まったばかり

ひとりひとり できることから・・・

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »