« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

残念です

今日、残念なニュースを耳にしました。

宮城県でメスのシェパが小学生を咬み、

重傷を負わせてしまったのです。

74歳の男性に飼われていたようですが、

檻から逃げ出した・・・・・ そうです。

 

メスのシェパが。。。

我が家もメスなんです。 

 

このままでは、殺処分を免れないでしょう。

男性とはいえ、74歳で2歳のシェパ。

決っして、年齢のことを言っているのではありません。

飼い主さんにも、訓練士さんにも、

もっとお歳をめされた方は、たくさんいらっしゃいます。

 

でもね、 

訓練には出していたのでしょうか。

訓練ではなくても、きちんとした躾けをしていたのでしょうか。

散歩や運動をさせていたのでしょうか。

 

犬が悪いのか疑問に思ってしまうのです。

 

檻に閉じ込めたままだったのでは?

怪我をさせてしまったことは事実なのでしょうが、

何もしない小学生に、いきなり噛みついたのでしょうか。

 

 

このメスのシェパは

今まで幸せだったのでしょうか。

| | コメント (2)

こんなこともある・・・

本日、県内嘱託警察犬の競技会だった。

 

チビ助2匹、毎年参加(していることに意義がある?)

しているのだが、上位3位までにしか賞状がないので、

いつも手ぶらで帰ってくる。

当然、今年もと思っていた。

訓練士さんからの連絡もなかったしね。

 

 
ところが・・・

なんかねぇ・・・

優勝しちまったらしい。

賞状と楯と優勝旗がついてきた。

第四十六回・・・ さすがに、臭い。

この優勝旗、持ち回りらしいのだ。

って言うことはね、

一年間は我が家に置いておかなくちゃいけないってことなのよね。

 

そうそう、誤解を招くといけませんので一言。

嘱託犬が優勝したからといって、

県警からは何もありませんからぁ。(笑)

ビーちんとベスっちは、いつもの訓練と同じだし。

飼い主は少々驚いてる。

一番嬉しかったのは、訓練士さんかもしれません。

| | コメント (3)

復活です

お休みしていたブログを、そろそろ復活しようかと思っていた矢先、にゃん太郎先生の様態が急変。

 

9日に発作を起こし、とうとう立つことができなくなりました。

餌も水も口にしません。

額の腫瘍が大きくなり、鼻血が止まらなくなりました。

今度こそだなぁ・・・  覚悟は出来ていました。

 

 

二日後、なんとか水だけは飲めるようになったものの、

それでも出血は止まらず、後ろ脚は麻痺して力が入らないので、シッコは寝たまま。鼻の中で血が固まり、息も苦しそうです。

日に何度も洗い流しますが、血が止まらない限り無理でしょう。

「ぎゃぉぎゃぉ」とうるさく叫んでいたのに、

まったく声がでません。

時折、小さく、か細い声で、「ニャッ」と言うだけ。

でも、もう充分です。

本当に長い間、一緒にいてくれたんですから。

 

それでも、数日後に前脚を使い、自力で水を飲み出しました。

でも、水だけで、すでに一週間。

口に餌を入れても、食べようとしません。

このまま、衰弱して行くんだろうなぁって、思っていました。

今夜か? 明日か?

という状態でした。

 

ところが・・・

何とか鼻血が止まり、息が出来るようになったので、

あきらめ気分で与えた、ゆでたササミを食べた!

そう、食べたんです。

慌てて大好物のマグロのお刺身を買いに行き、

細かくして手のひらにのせると、ガツガツと食べ始めました。

驚き以外、何もありません。

息も出来ないほど、衰弱していたのに・・・

 

食べ物を口にし始めると、みるみる良くなっていきます。

マグロと一緒に、指まで食べられちゃいました。

(これが結構な傷で...笑)

餌を食べ始めてから二日もすると、

麻痺していたはずの後ろ脚を使い、

よろめきながらでも歩くようになりました。

シッコもサークルの外へ、飛ばしてくれます。

(本来、ネコはしゃがんで用を足すので、後ろに飛ぶことはありませんが、後ろ脚に力が入らないので、中腰のままシッコをすると、飛ぶんですよ)

 

にゃん太郎先生。

君の生命力、最後まで生きようとする姿には

ただただ、驚くばかりです。

本当に、頭が下がります。

まだしばらくは、一緒にいてくれるんですね。

ありがとう。

感謝の気持ちでいっぱいです。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »