« 迷子犬 | トップページ | ありがとう »

心構え

にゃん太郎先生・・・

 

何度もの発作と危篤状態を乗り越えて、頑張ってきました。

もうダメかぁ・・・

今度は・・・

と、本当に何度、思ったことでしょう。

その度に、驚くほどの生命力で復活を遂げてきました。

だから、今回も。

そう、思いたい。

そう、あって欲しいと願っています。

 

でも、今度はいつもと様子が違います。

発作を起こしたわけではありません。

2日前までは、食欲旺盛でカリカリフードを自力で食べていました。

でも、2日前からケージの中をグルグルと回り出し、

痴呆の徘徊をはじめていましたが、昨日からは立つことが出来なくなりました。

頻繁にするクシャミで、鼻血が出ます。

左目も膜がかかり、半開きです。

毛もボソボソと抜け出しました。

何より、今までとはニオイが違うように感じるのです。

今度も復活するに違いない。

そう、あってほしい。

 

一生懸命に立とうとして動かす手足に、身体を起こすだけの力はありません。

水を与えても、舐める程度。

鳴き声も、細く小さくなりました。

いよいよ、なのかもしれません。

 

 

一生懸命に生きてきた21年間。

私の広島での生活のほとんどを共にしてきました。

可哀想だと、泣くことは簡単です。

でも、涙を流すことはあっても、悲しむことはしないと決めています。

精一杯、生き抜いてきたはずですから。

|

« 迷子犬 | トップページ | ありがとう »

コメント

にゃん太郎先生、頑張ってますね。
本当は、次の誕生日まで頑張って欲しい・・・
でも普通のにゃんこに比べたら、沢山頑張って来たのだから、
辛いのなら・・と思ってしまいます。
人と同じで、長生きをしたからと諦められるものではないですよね。
もし、無理であるなら・・・少しでも安らかでありますように。

投稿: アヤのかーさん | 2007年7月 7日 (土曜日) 午後 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 迷子犬 | トップページ | ありがとう »